アトピーは現代病の一つと言われ、遺伝的な原因もありますが、ストレスや生活習慣などでも後天的に発症してしまうものです。

とくに大人は仕事や人間関係による過度のストレスや食生活の乱れ、睡眠不足など様々な原因が考えられます。

そんな後天的に発症する場合、その初期症状の段階でしっかりくい止めないといけません。

特に顔などにその症状が出た場合は、目立つ場所なので早めの対処をしていきましょう。

 

スポンサーリンク


 

大人アトピーの原因

まず、アトピーってそもそもなんなんでしょうか?

アトピーの人の皮膚は非常に乾燥しやすく、プラセンタが少ないため肌密度が低いのです。

そのため、皮膚と皮膚の間に空洞があるような状態になり、外部からの異物の侵入を防ぐバリアー機能が低下しています。

そして入り込んだ異物が炎症を起こし、痒みが出るのです。

また痒みについてですが、痒みの正体はヒスタミンという物質で、肥満細胞の中に隠れていることが多いのです。

 
  1. ヒスタミンが増える


  2. 掻く、掻きまくる


  3. 皮膚が傷つく


  4. 異物が入り込んで炎症を起こす


  5. また痒くなる


という、悪循環を繰り返すのです。

もちろん、痒みの原因はヒスタミンだけではありません。

大人の方が後天的にアトピーを発症してしまう原因として、一般的なものをご紹介します。

 
  • アレルギー(ほこり、ハウスダスト、ダニ、花粉)
  • 仕事や人間関係などで強いストレスを抱えている
  • 慢性的に寝不足(6時間以下は一般的に寝不足とされています)
  • 暴飲暴食などの食生活の乱れ
  • 急激な体重増加
  • 急激な体重増加

 

スポンサーリンク


 

大人のアトピーが顔に出た場合にすべき対処法

まず、自分のアトピーが出た原因を考えましょう。

大人になってからアトピーになる場合は、原因は人それぞれでその人の生活スタイルに深く関係していることが多いのです。

そして、その原因を解消することが根本的な解決と言えます。

とはいえ、目立つ場所に出てしまっているので一刻も早く赤みを消したいですよね?

そんな時は「薬」「保湿」です。

まずは薬ですが、私はプロトピックというものを使用してます。

プロトピックとはタクロリムスという成分が配合されており、これがステロイド並みにアトピーの炎症を抑えてくれます。

ステロイドがなく炎症を抑制する素晴らしい薬ですが、肌がプロトピックに慣れるまで時間がかかるであるとか、夜しか使えないだとか、制限がいろいろありうまく使用しないといけない薬でもあります。


※画像はプロトピックのジェネリック医薬品タクロリムスです。

保湿には化粧水を使いましょう。

ここで注意点は、普通の美容液ではなくアトピー用の炎症を抑えてくれる美容液がおすすめです。

私はサラヴィオ美容液を使用してます。

サラヴィオの良さは過去記事で語らせてもらってますから、よければどうぞ。


大人アトピーの他の症状

アトピーが出る場所は、決まってはいません。

人によっては、顔を含め体全体に出る人もいれば、顔や手足の一部のみに出る人もいらっしゃいます。

一般的に顔の他にアトピーが出やすい箇所は以下のような感じでしょうか。
  • 手足
  • 背中
  • お尻
私が通っている病院の先生に言われたのですが、手足に出るアトピーは要注意なんだそうです。

アトピーが悪化する時は、急に強烈な痒みが手足に出て、丘疹という毛穴がぼこぼこっとイボのようになるんだそうです。

こうなったら、強いステロイドを使って抑えるしかなくなります。

アトピーを繰り返さないために

一度発症してしまったら、繰り返さないよう努力するしかありません。

アトピー持ちから言わせていただきますと、完治させるより繰り返さないようコントロールすることのほうが、難しく重要だと思います。

症状が落ち着いている間は、抗ヒスタミン剤配合の飲み薬とできれば非ステロイドの塗り薬を塗るようにしましょう。

よく聞くのが、症状が治まると油断して薬を飲まなくなってしまうと言う方。

子ども肌ほどではありませんが、大人のアトピーもちょっとしたきっかけ、例えば大量の汗をかいてすぐ拭かなかったなどの理由で、すぐ悪化しちゃいます。

私も油断しがちなので、戒めのために書いてますが、このバランスの悪さがアトピー肌なので症状が落ち着いていても油断しないようにしなければいけません。

ほんと、これが難しいんですけどね。

あと、生活面でも自分のアトピーの状態を見ながら、原因となるものを排除するなどのコントロールが必要です。
アルコールの摂取
私は飲酒をするかどうかは、自分の肌の状態と相談することにしています。

予め飲み会が分かっている時などは、「飲み会までに、右腕の痒みが引かなかったら、飲むのをやめよう」といった感じで、肌の調子が悪い時は飲酒をしません。
こまめに掃除
正直、めんどくさいので掃除は大っ嫌いです。

でも、私のアトピーが悪化する原因の一つはハウスダストなので、掃除はこまめにやるようにしてます。

特にレイコップでシーツを掃除するのは、毎晩のルーティーンになってます。
規則正しいい生活を送る
私の場合、週末や連休などで羽目を外すとすぐ肌に出ます。

寝不足であったり、寝る時間を変えるなどすると、ホルモンの分泌に影響を与えますので、症状を悪化する原因となります。

週末はついつい学生のような生活を送りがちですが、そこはグッと自分を律するようにしてます。
ストレスを溜めないようにする
正直、このストレスのコントロールが一番私は難しいですね。

仕事をしているとどうしてもストレスはついてきます。

若い頃は正直諦めていましたが、管理職になりある程度自分で仕事をコントロールできるようになって、仕事のスタンスを「成果を出す!」ではなく、「無理をしない」に変えてからイイ感じに仕事が出来てます。
バランスの良い食生活を送る
健康のためにバランスのいい食事をとることは、基本のことですが、そのうえでアトピーの人にとって重要なことは、自分の食物アレルギーをしっかり把握しておくことです。

自分は食物アレルギーはないと思っていても、一度病院で検査をしてみてください。

食物アレルギーって食べると痒くなったり、調子が悪くなってリするので、食物アレルギー持ちの人って自分のアレルギーを把握しているものです。

しかし、意外と知らないのが食物アレルギーではないけど大量の摂取は控えた方がいいい食品です。


これを知らないと、なんか痒いけどなんでだろう?と対処を誤ってしまいます。

病院で検査をすると、そこまで教えてくれるので、より自分のアトピーを把握できますよ。

 

スポンサーリンク


 

まとめ

大人アトピーは生活環境などが原因で後天的に発症することがあります。アトピーは繰り返してしまう厄介な病気なので、初期症状の段階で治してしまいましょう。特に厄介なのは顔に炎症が出て赤みが出ることだと思います。一番目立つところなので男女関係なく早めに治したいですよね。治す方法は、まず原因を特定して生活の中で改善していく。そして薬と美容液などの保湿剤です。薬はプロトピック、化粧水はサラヴィオが私的にはおすすめなので、一度使って頂きたいです。

 

スポンサーリンク