健康

足が臭いのは病気?| 治すためには病院に行くべき?

更新日:


足が臭い原因ってなんでしょうか?
毎日、お風呂い入って清潔にしているつもりなのになんで・・・?

足を清潔に保っているのに、それでもニオイが気になるなんて方は病気の可能性もあります。

 

スポンサーリンク


 

足が臭い原因が病気の可能性は?

足が臭い原因はバクテリアが繁殖することでおきる悪臭です。
そして、そのバクテリアが繁殖する理由は発汗です。
通気性が悪い環境で、大量に汗をかくと、そのバクテリアが爆発的に繁殖するのです。

正確には、足から出る汗やその皮脂を、バクテリアが食べて必要以上に増殖、分解され、分解されるとき出るニオイがいわゆる「足のニオイ」です。

そのため、予防法としては汗を抑え、足環境を清潔に保っておけば、足のニオイは防ぐことができます。

しかし、まれに病気が原因で足が臭いといったことがあります。
もし、清潔にしているのに足のニオイが気になるという方は病気が原因かもしれないので、一度診てもらうことをおすすめします。

 

スポンサーリンク


 

足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)

足蹠多汗症とは、文字通り足の裏に多くの汗をかいてしまう病気です。
こんな書き方をすると、「え?私結構汗っかきかも?」なんて心配する方がいらっしゃるかもしれませんが、足跡多汗症になると、靴下がぐっしょりと濡れ、歩くと汗で足跡見たくなってしまうほどの量の汗をかいてしまうのが、その症状です。

原因

足蹠多汗症の原因の多くは精神的なものがほとんどだと言われます。
足の臭いの原因がストレスと言われることがありますが、それはストレスで交感神経のバランスが乱れ、それにより足蹠多汗症となり、その汗でニオイが強くなるのです。

治療法

足蹠多汗症は皮膚科や美容皮膚科で治療できます。
ただ原因にストレスなどの精神的な要因が大きい場合は精神科の受診が必要になります。
足蹠多汗症の治療法は大きく3つです。
  • 薬物療法
  • ボトックス注射
  • 手術療法
 

水虫(みずむし)

水虫患者の足は確かに臭い場合が多いです。
しかし誤解してほしくないのですが、「水虫だから臭い」ではなく、「足が臭くなるような不衛生な環境で生活しているから水虫になった」が正確なところです。
そして、水虫の皮膚には細菌が繁殖しますから、さらに臭いが強くなるといった「臭いの負のスパイラル」が始まるのです。

治療法

水虫用の薬は市販のものでの多くの塗り薬が出ています。症状が軽い場合はその完治まで約2ヶ月と言われています。

しかし水虫は再発しやすい病気であるので、足を清潔にし、よく乾燥させたら塗り薬を塗るといった方法でしっかり完治させる必要があります。

 

まとめ

足が臭い原因はバクテリアが繁殖することでおきる悪臭ですが「足蹠多汗症」や「水虫」といった足の病気が関係している場合もあります。
その場合は、ただ足を清潔にするだけではニオイが取れないことも多いので、その場合は病院へ行って治療をしましょう。ストレスなど精神的な疾患などが原因の場合もあるそうなので、症状を自分で決めつけず「変だな?」と感じた際は、迷わず病院へ行くようにしましょう。

 

スポンサーリンク


 


-健康

Copyright© CrowdCloud , 2018 All Rights Reserved.