健康 恋愛

ほうれい線の消し方|男性の肌の方がたるみやすい!

更新日:

ほうれい線があるのとないのでは印象ってだいぶ違いますよね。
当然、ほうれい線が濃くなれば、それだけ老けて見えます。

そのため、ほうれい線を消さないとどんどん老けて行ってしまいます。

昔を知っている人を久しぶりに見て、その劣化具合に驚いたことありませんか?

30代前半の私も、最近同じことを言われました。

「あれ?ちょっと老けた?」

ついに自分にもその時が来たか。
イヤ!まだ、負けたくない!!


それに、女性より男性の方がたるみ易いので、男性こそ早め早めのケア必要です。
今回は、そんなエイジングに立ち向かう男性に向けた情報をご提供したいと思います。

 

スポンサーリンク


 

ほうれい線を消す方法|日々の対策

ほうれい線ができる原因が複数あるように、毎日の対策にも原因に合わせて行う必要があります。

具体的な方法をご紹介しましょう。

 

1|湯船にしっかりつかる

めんどくさくて、シャワーで済ませていませんか?

毎日、湯船につかるのと、シャワーで済ませてしまうのでは、驚くほど肌の新陳代謝に与える影響は代わってきます。

新陳代謝とは生まれ変わりを意味します。
新陳代謝を繰り返し、生まれ変わりを続ける肌とそうでない肌、どちらが若々しく見られるか、聞くまでもありませんね。


 

2|保湿が一番の予防

年齢を重ねた肌はハリが失われてしまうことから、その劣化がおこります。

ほうれい線も同様です。
日々の保湿は女性同様、男性にも必要です。

ここでポイントなのが原因でも書きましたが、セラミドとヒアルロン酸を補ってあげることです。
高濃度のセラミド、ヒアルロン酸が配合された保湿液をおすすめします。

3|BBクリームなど男性用化粧品

メイク用品を取り入れてもいいでしょう。

なにもガッツリ口紅までしましょうという話ではありません。
老けて見える原因が、肌のたるみとクスミなら、それらを隠してあげましょうと言うお話です。

と言っても、我々おじさんにいきなりメイク道具を購入してというのは、ハードルが高すぎます。
そこで、おすすめしたいのがBBクリーム!


肌色のベースメイク用のクリームです。
これを薄く塗ってあげるだけで、肌が明るくなり驚くほど印象が若くなります。

 

4|サプリメントで肌のハリを保つ

「お肌に効くサプリメント」なんていうといかにもお高そうな響きですが、いいものを一回飲むより、安いものでも毎日継続して飲むことが大切です。
減少してしまうコラーゲン・エラスチンをサプリメントで補えれば、劣化を緩やかにできますよ。


 

5|顔をストレッチしよう!

ストレッチで表情筋を鍛えてあげることも大切です。
ここで参考になる動画を載せておきますので見てみてください。

セルフエステマッサージ

 

 

ほうれい線を消す方法|治療として考えてもいいかも

美容クリニックへ行ってみるのも一つの手かもしれません。
私は未経験なのですが、定期的にヒアルロンを注入することで印象はだいぶ変わると聞きます。


素人ではわからない肌のトラブルのアドバイスも期待できます。
最近、劣化してきたと悩んでいるなら、一度自分の肌の状態を知る上でも一度行ってみるのも手です。


とは言え、なかなか敷居が高いですよね。
そんな初めての人のために美容クリニックの方も初回キャンペーンなどを用意しているところも多いようです。
スポンサーリンク


 

ほうれい線ができる原因

一般的に皮膚の劣化に繋がるダメージの原因をあげておきましょう。
原因の種類はいくつもありますが、大きく2つ外的要因のものと内的な要因のものに分けられるでしょう。


 

紫外線などの外的刺激

外的要因の一番はなんといっても紫外線でしょう。
紫外線がお肌に悪いのは周知の事実だと思います。

お肌にどういった影響があるかというと、紫外線にはA波B波という2種類があります。
A波は浸透力が高く肌の奥まで到達し、コラーゲンやエラスチンなど肌のハリを保つ成分を破壊し、シワやたるみが出る原因となります。
B波は表面で炎症を起こし、シミやそばかすの原因となります。

 

乾燥によるセラミド・ヒアルロン酸不足

セラミドとヒアルロン酸不足は、お肌に良くないって聞いたことないですか?
両方とも、お肌を若々しく保つために必要なものです。


セラミドとは皮膚の表面にあり、ヒアルロン酸は皮膚の奥に存在します。
ヒアルロン酸が肌の中にある水分で、セラミドがその水分が漏れてしまわないようにバリアしてくれているといったイメージでしょうか。

そのため、このどちらが不足しても肌に影響があります。
セラミドもヒアルロン酸は、加齢に伴い減少していきます。
なにもしないと、セラミドとヒアルロン酸が減った分、老けて見えるというわけです。

 

コラーゲン・エラスチンの減少

コラーゲンとエラスチンも肌に潤いを保つのに必要な成分です。
皮膚表面にあるコラーゲンとエラスチンをセラミドがその隙間を埋めて肌のバランスを保っているといったイメージでしょうか。
コラーゲンやエラスチンも加齢とともに減少してしまうものなので、サプリなどで補ってあげたいですね。

 

ストレス

ストレスはお肌に悪いって聞いたことありますよね。

これにはれっきとた理由があります。
ストレスをためると、体の中で活性酵素というものが発生します。
この活性酸素が、エラスチンなどを生成する線維芽細胞の機能を低下させるのです。


ストレス社会で頑張っている人ほど、ストレスが溜まって劣化してしまうなんて不公平が許されていいんでしょうか?
みなさん、がんばってストレスケアをしていきましょう。

 

ほうれい線と戦う前に

この記事をご覧いただいているということは、ほうれい線が気になる最近少し老けた気がする女性ウケが悪くなってきた、そんな以前との変化が気になってきた方々がほとんどではないでしょうか?

ミドル世代にとって、若々しさとは、武器です。

仕事面、生活のハリ、女性の反応、様々な面で年齢より若く見えるということは、物事を好転してくれます。
その分、加齢に伴う劣化を防ぐには多大な努力が必要です。


ネットで検索すると、無料でお手軽にしわを消す方法なんてページが出てきますが、無料でお手軽な対策には、無料でお手軽な効果しかありません。

自分の劣化を感じて、その対策をすると決めたのであれば、生活習慣を見直し、少し高くても効果のあるエイジングケア商品を使い、必要であれな専門のクリニックに通うくらいの覚悟が必要です。

若々しさとは、それほど価値があります。
無料でお手軽な努力では手に入りません。

読みながら「えー!めんどくさいよぁ」と言ってる方は、どんどんほうれい線が深くなっていきますよ(笑)

たるみ出したら止まらない!?男性の方がたるみやすい

男性の皮膚は女性より厚いので一見して、その影響や衰えが分かりずらいです。

しかし、皮膚の下では筋肉の衰え、栄養不足、様々な変化が起こっていて、表面に現れる頃には手遅れ・・・
男性の方が劣化が遅いわけではなく、劣化しているのが分かりにくいのです。

ただ、皮膚の下では確実に劣化は始まっていて、自分や周りにもわかるようになる頃には、深刻な状況になっている。
それが、男性がいきなり劣化しはじめるメカニズムとも言えます。


女性と同様、男性の見た目年齢を左右するのは、「肌のくすみ」「そのシワ」です。
特にほうれい線は深く入っていれば、それだけ老けてる印象を強くします。

 

まとめ

加齢に伴って、肌が劣化していくのは仕方がないことです。劣化してたるんだ肌、深く刻まれたシワとほうれい線はあなたをより「おじさん」にします。「もう結婚しているし、モテようとは思わない」とか言って、自分のそのほうれい線を見て見ないフリしてませんか?女性ウケももちろん大切ですが、実年齢より若く見えるということは、仕事など様々な場面であなたに有利に働きます。紫外線などの予防、コラーゲン、セラミドなど加齢によって失われてしまう栄養分の補充、ストレッチやBBクリームで今あるほうれい線を消す工夫をしましょう。老け込むにはまだまだ早いですよ。一緒にミドル世代を楽しみましょう。

 

スポンサーリンク


 


-健康, 恋愛

Copyright© CrowdCloud , 2018 All Rights Reserved.