アトピー持ちの私にとって、長年痒みと肌のカサカサごわごわに悩まされてきました。

ここ数年でほぼ完治した!といっていいところまで回復してきました。

病院の先生といろいろ相談したり、生活習慣や食事の見直しをしたことも大きかったと思いますが、私の肌にあるケア製品に出会えたことも大きかったと思っています。

そんな中で、私が愛用している製品の一つがアトピー肌専用化粧水の『みんなの肌潤ろーしょん』

私の症状を落ち着かせてくれた肌潤の口コミをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク


 

肌潤ろーしょんを使用して1年

肌潤ろーしょんを初めて購入したのは、このブログを書き始めた時なのでよく覚えています。

そろそろ1年かぁ

ここ数年は、本気でアトピーを治そう!といろいろ試行錯誤を重ねてきました。

まず始めたことは信頼できる皮膚科を見つけること。

いままでは、ちょっと症状を話して薬がもらえればいいやくらいで通っていたのですが、病院に通う頻度を上げ、状態の経過を逐一報告し、アドバイスをもらうようにしたのです。

ちなみに私がお世話になっているのは、池袋にあるセントラルクリニックというところです。

ここは、痒みだけでなく色素沈着の悩みなど、キレイな肌に戻したいという患者のニーズに寄り添ってくれます。

次に、食事と睡眠です。

規則正しく就寝をするようになったことと、油と砂糖を極力絶つようにしました。

私はあまり意識してこなかったのですが、アレルギーがある食材さえ取らなけれないいと言うわけではなく、アトピー肌には油と砂糖の取りすぎによりヒスタミンが増殖し痒みに繋がるのだそうです。

そして、ケア製品をいろいろ試してみました。

そして試した結果、私の肌に合ったのはみんなの肌潤ろーしょんサラヴィオ美容液
です。

いまでは、この二つを組み合わせて使っています。

お風呂上りに化粧水としてサラヴィオを拭きかけて、肌潤ろーしょんで保湿するって感じです。

まず購入して1週間ちょっとで手元に届きます。


 

これ使い続けるとなって、無くなってから注文したんじゃ全然間に合わないなぁとちょっと不安に感じます。

即対応しないことで定期購買を促す。

商品力がある企業の手だなぁというのが最初の印象です。


 

で、中身はというと・・・

商品、企業説明書、ご愛用くださる皆さまへというお手紙が同封されています。

 

スポンサーリンク


◆最初の1ヶ月
まず、効果が出始めたのは顔の赤みでした。

いままで市販の保湿剤を使用していましたが、顔に炎症がある状態でしようすると、その保湿剤の刺激で余計に赤みが出てしまう始末。

でも、保湿はしないとカサカサするし・・・

と、痛み耐えながら保湿剤をつけていた有様でした。

しかし、成分について後述でも書きますが、低刺激の肌潤ろーしょんは炎症がある状態で顔につけても、炎症に刺激を与えてピリピリすることはありませんでした。

つけた時にピリピリしない事だけでも、私としてはとてもありがたかったのを覚えています。


 

まだ最初の1ヶ月では、完全に赤みが消えることはなかったのですが、それでも乾燥で常に突っ張ったあのピリピリ感は使い始めてすぐ消えました。

これは絶対使い続ければ、結果が出る!

そう確認させる1ヶ月でしたね。

 

◆2ヶ月目
使用して2ヶ月経つころに、顔の炎症はすっかり治まってきます。

しかし、油断はできません。

アトピーの肌サイクルで炎症が治まった後は、硬化しごわごわになった後、落屑が始まります。

炎症時期より、痒みなどはしんどくないのですが、見た目が気になると言うか、ボロボロ落ちる落屑はフケのようで周囲に気を使います。

ただ、肌潤ろーしょんを使ってみてうれしかったのは、このごわごわ時期がなかったこと。

肌はターンオーバーを繰り返すので、炎症した肌は必ず剥がれ落ちるのですが、肌潤ろーしょんをこまめに塗っておけば、潤いをキープできるので、フケのように肌がボロボロ落ちることがなかったんです。

感覚的には薄皮がベロっと剥けるかんじでしょうか。

 

◆3ヶ月目
3ヶ月経つころには、顔はもちもち肌を取り戻しつつあるのを実感してきます。

もうちょっとだ!

つけながらうれしくなってきたのを覚えています。

しかし、アトピーは繰り返すものなので、睡眠不足や疲れがたまるとすぐ顔が赤くなるのは変わりません。

そんな時は、慌ててプロトピックを併用してその場を凌ぐ感じです。

だいぶ良くなってきたけど、まだ薬は手放せないなぁ・・・

 

◆6ヶ月目
使用して半年経つ頃には、腕や足にも変化が出てきてきます。

カサカサでひっかき傷のようになっていた部分がなくなり、肌の状態はボコボコの痒疹と色素沈着が多く残った状態になってきました。

そして、顔はというとプロトピックのお世話になることはほとんどなくなってきました。

 

◆12ヶ月目
この記事を書いている現在ですが、痒疹と色素沈着は少々残っていますが、掻き壊して瘡蓋になっているような箇所はもうありません。

肌潤ろーしょんには保湿と痒み防止を期待して使用し始めましたが、どうやら色素沈着にも効果があるようで、使い続けるうちに黒ずみがだいぶ薄くなったように感じます。

症状が出る前から予防をし続けるプロアクティブ療法がアトピーでは大切と聞きます。

肌潤ろーしょんを使用してだいぶ良くなってきたとはいえ、油断せず使い続けようと思っています。

 

スポンサーリンク


 

肌潤ろーしょんがアトピーに効く理由

肌潤ろーしょんがアトピーに効く理由は、その成分にあります。
  • こんにゃくセラミド
  • お砂糖成分(ソレビタンココエート、トレハロース)
  • リピュジュア
  • シューガ―スクワラン
高い保湿成分はもちろん、その水分を浸透させる力とその水分をとどめておくことに優れているので、つけた瞬間は潤うけどすぐカサカサということがありません。


 

そして、もう一つはアトピー肌の改善効果!

アトピー肌はバリア機能が低いためすぐ炎症を起こすと言われています。

しかし、4つ目のスクワランはそのバリア機能を回復してくれる役目を果たしてくれるので、アトピーの根本的な治療にも役に立つんです。

詳しい説明は過去記事でも紹介してますので、よかったら読んでみてください。

肌潤ろーしょんのデメリット

もちろん、肌潤ろーしょんにもデメリットはあります。

それは・・・
  • 値段が市販の保湿剤より高い
  • 賞味期限が短い

値段はその効果を考えれば、しょうがないかなぁという気はしています。

でも、ちょっと高いなぁ・・・

でもでも、安くても刺激が強くてつけるとピリピリするような市販の保湿剤にはもう戻れません。

少々高くてもアトピーが治るなら、断然こっち!と私は割り切ってます。

あと賞味期限ですが、よけいな刺激物がないっていないというメリットの裏返しのようなことですが、その分賞味期限が短いのです。

開封してから、約1ヶ月で使い切る必要があるので、どうしても経済的な負担はかかってきますね。

継続して使いうなら1ヶ月に1本は買わないといけないということになるなぁ

ただ、断言できるのは、高いけど効く!

何万円もするような製品ではありませんし、この値段でこの効果なら、むしろコスパがいいのでは?と個人的には思って使ってます。
全額返金保証付きだから安心して試せる
みんなの肌潤ろーしょんは、15日以上の使用して、自分にはあてないなぁと感じたら、購入して25日以内で申請すると全額返金に応じてくれます。

驚きなのは使い切ってからでも返金してくれるらしい。

大概こういった返金保障は、1度使ってもらえれば、その効果で絶対リピートさせられる!という企業の製品への自信と言えますね。

経験上、返金保障を謳っている企業は、良質な製品力が売りの場合か、詐欺まがいのくそ製品かの両極パターンが多いのですが、みんなの肌潤ろーしょんは前者です。