健康 アトピー

みんなの肌潤ローションの口コミ|1年間使用してみたアトピーの症状

更新日:


私は幼少期からアトピー持ちで、長年痒みと肌のカサカサごわごわに悩まされてきました。

顔や頭皮から足の指まで体全体にアトピーが広がってしまい、顔などは赤みを通り越して固くなってしまい象のような肌になっていたため、自分に自信が持てず人目を避けるように生活していたと思います。

アトピーの子供にとって「あるある」ネタなのですが、「大人になったら体質が変わって治ることが多いよ」と言われることが多いんです。
しかし、そんな私の微かな望みは叶うことはなく・・・むしろ職場環境やストレス、疲れでむしろ悪化していきました。

マジでこれではだめだと思い、病院の先生にいろいろ相談したり、生活習慣や食事の見直しをして、本気でアトピー治療をすることを決意しました。
(文章で書くと本気度がなかなか伝わらないのがもどかしいですが、本当に本気、生活すべてをアトピーのために使っていたような感覚です。)



まず始めたことは信頼できる皮膚科を見つけること。

いままでは、ちょっと症状を話して薬がもらえればいいやくらいで通っていたのですが、病院に通う頻度を上げ、状態の経過を逐一報告し、アドバイスをもらうようにしたのです。

ちなみに私がお世話になっているのは、池袋にあるセントラルクリニックというところです。

ここは、痒みだけでなく色素沈着の悩みなど、キレイな肌に戻したいという患者のニーズに寄り添ってくれます。

次に、食事と睡眠です。

規則正しく就寝をするようになったことと、油と砂糖を極力絶つようにしました。

私はあまり意識してこなかったのですが、アレルギーがある食材さえ取らなけれないいと言うわけではなく、アトピー肌には油と砂糖の取りすぎによりヒスタミンが増殖し痒みに繋がるのだそうです。

本気で治療をし始め自分でも完治に近づいてきたなと実感をしていますが、私にとっていくつかのアトピケア製品に出会えたことが大きかったと思っています。

私のアトピーを完治に向かわせてくれた製品の一つがアトピー肌専用化粧水の『みんなの肌潤ろーしょん』です。

実際に使ってみた1年間の感想として、口コミをブログで書きたいと思います。

 

肌潤ろーしょんを使用し始めて1年以上が経ちました

肌潤ろーしょんを初めて購入したのは、このブログを書き始めた時なのでよく覚えています。

そろそろ1年かぁ

病院で「抗ヒスタミン」の飲み薬や「ステロイド」などの塗り薬を処方してもらえば、ある程度痒みのコントロールはできるようになりますが、長年掻いて掻いて、硬くなってしまった肌はなかなかすぐには治せません。


以前の私は、赤く炎症した額の部分を掻いて瘡蓋が出来て、その上からまた引っ掻いてを繰り返してしまっため、血色も悪く紫っぽく硬くなってしまっていました。

ネットの口コミの高さと自然由来の成分が肌を強くし、アトピーの発生原因から治してくれるという記事を読んでわらをも掴む思いで使い始めたわけです。

肌潤ろーしょんを1年間使用してみて、肌が何回もターンオーバーを繰り返し硬くなってしまった肌が脱皮するように皮が剥け、新しい肌が出来てを繰り返し、固くて赤黒かった肌は、徐々に肌色で柔らかく変わっていきました。

 

◆最初の1ヶ月

注文してから約1週間ほどで手元に届きました。
このサイズならポストに投函しておいてもらえるので1人暮らしでも安心です。


ネットの口コミは比較的高く好意的なことが多く書かれていましたが、「実際に1週間使ってみて良さを実感してます」といったサイトが多く、長期的に使い続けている人の声が少なかったため、実際に自分で使うまでは不安があったため、最初は定期購入ではなく単品で購入しました。

まず使ってみた感想は、化粧水にしてはとろみが強くつけた瞬間、顔がテカテカになるほど潤うことと、こういった化粧水をつけると最初はピリピリとしていたのが、肌への刺激が全くなかったことに驚きました。

市販の乳液や化粧水だと浸透成分が強すぎて、つけるとヒリヒリ痛くその刺激でよけいに顔が真っ赤になってしまっていましたが、それがありません。

いままで市販の保湿剤を使用していましたが、顔に炎症がある状態で使用すると、その保湿剤の刺激で余計に赤みが出てしまう始末。
でも、保湿はしないとカサカサするし・・・と、痛みに耐えながら保湿剤をつけていました。

低刺激の肌潤ろーしょんは炎症がある状態で顔につけても、炎症に刺激を与えてピリピリすることはありません。

「あ、これ俺の肌に合う。いいやつ見つけた。」と瞬間的に感じたのを覚えています。


私のように、顔が真っ赤になるほど炎症があったり乾燥していると、顔の表情を変えるだけで突っ張った感じがったりピリピリ感があり、とてもストレスを感じます。
しかし、肌潤ろーしょんを使い始めると、潤いが持続しているためかピリピリのストレスはすぐに消えました。

 

◆2ヶ月目

使用して2ヶ月経つころには、顔の炎症はすっかり治まり、顔が常にピリピリしているストレスは無くなりました。

しかし、油断はできません。

アトピーの肌サイクルで炎症が治まった後は、硬化しごわごわになった後、落屑が始まります。

炎症時期より、痒みなどはしんどくないのですが、見た目が気になると言うか、ボロボロ落ちる落屑はフケのようで周囲に気を使います。

ただ、肌潤ろーしょんを使ってみてうれしかったのは、このごわごわ時期がなかったこと。

いや、あったにはあったのですが、常に肌潤ろーしょんを持ち歩き、カサカサしたらつけると繰り返していたおかげで、フケのようにボロボロとした落屑はありませんでした。

肌はターンオーバーを繰り返すので、炎症した肌は必ず剥がれ落ちるのですが、肌潤ろーしょんをこまめに塗っておけば、潤いをキープできるので、フケのように肌がボロボロ落ちることがなかったんです。

感覚的には薄皮がベロっと剥けるかんじでしょうか。

 

◆3ヶ月目

3ヶ月経つころには、顔はもちもち肌を取り戻しつつあるのを実感してきます。

「もうちょっとだ!」つけながらうれしくなってきたのを覚えています。


まだ、赤みとぷつぷつとした出来物はありますが、使い始めの時期と比べるとだいぶ肌色で潤いが出てきたのがように感じます。

ターンオーバー(新しい肌ができること)は正常な肌で約1ヶ月ごとに起こると言われますが、アトピーはそのサイクルが乱れて、肌の新陳代謝とも言うべきターンオーバーが、うまくできていないことが多いのだそうです。

肌潤ろーしょんは、そういった肌本来の機能を回復してくれるのに役立つんですね。

しかし、アトピーは繰り返すものなので、睡眠不足や疲れがたまるとすぐ顔が赤くなるのは変わりません。

そんな時は、慌てて肌潤ろーしょんをつけて、その場を凌ぐ感じです。

だいぶ良くなってきたけど、まだ肌潤ろーしょんは手放せないなぁ・・・

すっかり製品の効果を実感している私は、姉妹製品の『肌潤糖』と『肌潤風呂』の『セット購入』に切り替えることにしました。

顔だけでなく体にも塗っていたので、すぐなくなってしまっていたため、体用に肌潤糖を使ってみようと思ったのです。

 

◆6ヶ月目

使用して半年経つ頃には、腕や足にも変化が出てきています。

カサカサでひっかき傷のようになっていた部分がなくなり、肌の状態はボコボコの痒疹も消え、色素沈着が多く残った状態になってきました。


 

◆12ヶ月目

この記事を書いている現在ですが、色素沈着は少々残っていますが、掻き壊して瘡蓋になっているような箇所はもうありません。

肌潤ろーしょんには保湿と痒み防止を期待して使用し始めましたが、どうやら色素沈着にも効果があるようで、使い続けるうちに黒ずみがだいぶ薄くなったように感じます。


一年間の変化がわかるように私の額の写真を掲載しました。

毎回写真を撮る場所や光の加減が違っていて申し訳ないのですが、1年前の写真の赤黒く固そうな乾燥肌と比べて、1年間みんなの肌潤ろーしょんを使い続けて、肌の色つやもだいぶ明るく健康的な色になって、肌自体も柔らかくなったのがおわかりいただけると思います。

以前までは、乾燥して赤黒い肌が恥ずかしくて、人と目を合わせてしゃべることができませんでした。

しかし、肌の状態が良くなるにつれて、人目を気にせず前向きになれている自分がいることに気づいています。

この一年で一番変化したのは、肌の状態以上に私の性格なのかもしれません。
今では短髪にしていた髪も少し伸ばして、おしゃれなどにも興味が出てきました。

アトピー肌というコンプレックスを解消することで、こんなにも生活に変化が起きるなんて思ってもみませんでしたね。
これも肌潤ろーしょんに出会えたからだと思います。

とはいえ、アトピーでは症状が出る前から予防をし続けるプロアクティブ療法が大切と聞きます。
肌潤ろーしょんを使用してだいぶ良くなってきたとはいえ、油断せず使い続けようと思っています。

 

肌潤ろーしょんがアトピーに効く理由(メリット)

肌潤ろーしょんがアトピーに効く理由は、その『自然由来』の成分と『抗炎症』成分にあります。

みんなの肌潤ろーしょん《全成分》
水、プロパンジオール、グリセリン、BG、PEG-20ソルビタンココエート、ベタイン、トレハロース、コンニャク根エキス、スクワラン、シソ葉エキス、ポリクオタニウム-51、カミツレ花エキス、ヒアルロン酸Na、ソルビトール、タモギタケエキス、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、トコフェロール、リン酸アスコルビルMg、キサンタンガム、セイヨウオトギリソウ/花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、フェノキシエタノール

これが肌潤ろーしょんのボトルに書かれている全成分です。
これだけでは、わかりづらいと思いますが、公式サイトにも書かれているようにここで特質すべき成分は大きく4つあるのだそうです。

  • こんにゃくセラミド
  • 砂糖成分(ソレビタンココエート、トレハロース)
  • リピュジュア
  • シューガ―スクワラン
高い保湿成分はもちろん、その水分を浸透させる力とその水分をとどめておくことに優れているので、つけた瞬間は潤うけどすぐカサカサということがありません。

そして、もう一つはアトピー肌の改善効果!

アトピー肌はバリア機能が低いためすぐ炎症を起こすと言われています。

しかし、4つ目のスクワランはそのバリア機能を回復してくれる役目を果たしてくれるので、アトピーの根本的な治療にも役に立つんです。

みんなの肌潤ろーしょんの成分|私のアトピーが改善した理由

  長年アトピーとつきあってきた私ですが、最近ようやくアトピーが改善してきました。 私が使用して効果を感じた製品の中に、『みんなの肌潤ろーしょん』があります。 アトピーに効果がある秘密はその ...


詳しい説明は過去記事でも紹介してますので、よかったら読んでみてください。

上記にご説明したように肌の弱いアトピーの人のために自然由来の成分と肌に潤いを与える成分が豊富に配合されています。

これらの成分でアトピーの人には以下のような効果が期待できるんです。

みんなの肌潤ろーしょんの効果


  • 使い始めから変化が出るまでの時間が早い
  • 肌に潤いが出て痒みが防止できる
  • 壊れたセラミドを補修してくれるので、アレルゲンの侵入を防ぐバリア機能を回復してくれる
  • お砂糖成分(シュガースクワラン)が、肌本来の水分を貯める貯水機能を回復してくれる(お砂糖成分は他にはない肌潤ろーしょんの一番の特徴だと思います)
  • 自然由来の成分ばかりなので、子供のアトピーや一番肌が敏感になる季節の変わり目でも問題なく使え、長期的な使用が可能。
  • 痒みといった内部だけでなく、高くなった肌を柔らかくしたり、色素沈着などを健康は肌色に変えるなど、見た目の変化も早くから実感できる

肌潤ろーしょんのデメリット

もちろん、肌潤ろーしょんにもデメリットはあります。

それは・・・
  • 値段が市販の保湿剤より高い
  • 賞味期限が短い
値段はその効果を考えれば、しょうがないかなぁという気はしています。

でも、市販の化粧水と比べるとちょっと高いなぁ・・・

でもでも、安くても刺激が強くてつけるとピリピリするような市販の化粧水には、私はもう戻れません。

少々高くてもアトピーが治るなら、断然こっち!と私は割り切ってます。

あと賞味期限についてですが、約1ヶ月です。

よけいな刺激物がないっていないというメリットの裏返しのようなことですが・・・

開封してから、約1ヶ月で使い切る必要があるので、どうしても経済的な負担はかかってきますね。

継続して使いうなら1ヶ月に1本は買わないといけないということになります。

アトピーの悩みのない人にとっては、まったく必要のない出費だと思うと悔しいですが・・・アトピーが治らず人生が楽しめないことのほうがよっぱど悔しいです。

ただ、断言できるのは、高いけど効く!

何万円もするような製品ではありませんし、この値段でこの効果なら、むしろコスパがいいのでは?と個人的には思って使ってます。

 

みんなの肌潤ろーしょんはこんな人におすすめだと思う

みんなの肌潤ろーしょんで私のアトピーは改善しました。

私にとっては万能薬のような存在ですが、このブログを読んでくださってる方にとってそうとは限りません。


どんな製品にもメリット・デメリットがありますので、『肌潤ろーしょん』を使ってほしい人・こんな人には合うんじゃないか?というおすすめしたい人をまとめておきます。

こんな方におすすめ


  • アトピーの乾燥で肌が固くゴワゴワになってしまっている方(モチモチ肌になりたい方)
  • プロトピックの使用を挫折してしまった方
  • 市販の化粧水をつけるとピリピリして、つけると余計に顔が赤くなってしまう方
  • 肌の赤みが取れないと言う方
  • 顔に強い痒みを感じる方
  • ちょっと割高でも効果が期待できる化粧水を探している方
肌潤ろーしょんはアトピケア製品ですので、アトピーでよくある乾燥やゴワゴワ肌には当然効果が期待できます。

あと、プロトピックという薬をご存知でしょうか?

非ステロイドの顔の赤み取りにとても効果がある薬なのですが、使い慣れるまで火照ったり強い痒みがでたりと、その苦痛に途中で使用を諦めてしまう人が多いものです。

もし、プロトピックに挫折してしまった人で顔の赤みに困っている人がいたら、ぜひ試してほしいですね。

 

販売元の『北の達人コーポレーション』は信頼できる会社なのか?

みんなの肌潤ろーしょんは『北の達人コーポレーション』という会社が企画開発をしています。

製品を購入して初めて知ったのですが、この北の達人コーポレーションは、多くのアレルケア製品を扱う老舗の会社で東証にも上場するしっかりした会社なのです。


で、中身はというと・・・

「ご愛用くださる皆さまへ」というお手紙が同封されていました。

使わせてもらう消費者としては、丁寧に作りましたという姿勢が伝わって、安心が出来ます。


この会社には製品について基本的な考えがあるそうなんです。

それは『作ってみて本当に効果がある納得がいったものしか発売しない』ということらしいのです。

使う方からしたら、「ん?当然じゃない?」と思うかもしれませんが、多くのアトピー製品を購入してきて、この当たり前のことが出来ている会社が多いように感じます。

今では、すっかり『北の達人』のファンになってしまいました(笑)

 

肌潤ろーしょんの開発に2年も?!

始めは肌潤糖を発売した『北の達人コーポレーション』

肌潤糖は肌潤ろーしょんと同じで、肌本来の貯水機能やバリア機能を整えてくれるのと肌を柔らかくしてくれる機能を持っていることがウケて、大ヒットしたそうです。

しかし、化粧水ではないため、ユーザーは肌潤糖で肌を柔らかくしてから市販の化粧水を使っていたそうです。

そのため、「化粧水も作ってほしい」との声が続出し、その声に応える形で、2年間掛けて開発し、肌潤ろーしょんを発売したそうです。


 

肌潤ろーしょんのお値段

1本単体で税抜き¥2,980ですで、購入のコースが「単体購入」と「定期購入」「年間購入」とそれぞれコースがあり、コースによってお得な割引きが適用されます。

私は「単品購入」で始めて、今は「定期購入」で毎月末に届くようになってますが、最初は単品購入から始めて自分に合うなぁと思ったら「定期購入」や「年間購入」に切り替えるといいでしょうね。

 
全額返金保証付きだから安心して試せる
みんなの肌潤ろーしょんは、15日以上使用して、「自分には合ってないなぁ」と感じたら、購入して25日以内に申請すると全額返金に応じてくれます。

驚きなのは使い切ってからでも返金してくれるらしい。

こういった返金保障は、1度使ってもらえれば、その効果で絶対リピートさせられる!という企業の製品への自信と言えますね。

経験上、返金保障を謳っている企業は、良質な製品力が売りの場合か、詐欺まがいの製品かの両極パターンが多いのですが、みんなの肌潤ろーしょんはもちろん前者です!


詳しくはこちら



 

 


-健康, アトピー

Copyright© CrowdCloud , 2018 All Rights Reserved.