アトピーがひどければひどいほど、肌は黒くまだらな斑点のように黒んずんでします。

私もアトピー持ちです。

一時期はとても酷かったのですが、生活習慣の改善や脱ステロイドによりだいぶ症状は改善してきました。

しかし、まだ完治とは言い切れませんし、何より炎症が治まってきた肌はそれまでの痒みとの戦いの後のように黒ずみがそこら中に残ってしまってます。

この黒ずんだ色素沈着を改善する方法は大きく2つです。

体の「中から治す」か、「外から治す」

体の中から治す方法とは、有効成分を摂取することです。

効果的なプラセンタのサプリメントをご紹介しましょう。

体の外から治す方法については過去記事でご紹介してますので、読んでみてください。

 

スポンサーリンク


 

プラセンタがなぜ色素沈着に効果があるのか?

プラセンタとは英語で「胎盤」という意味です。

胎盤は母親と胎児を繋ぐ器官で、胎児が母親のおなかの中で育つために多くの栄養分を含んでいます。

その胎盤の豊富な栄養分を抽出してプラセンタエキスを生成します。

プラセンタとはどういった成分なのでしょうか?

美容成分として知られるプラセンタは色素沈着に2つの効果があります。

簡単に言ってしまうと、アトピーの黒ずみに対して「抑制」「促進」の作用があると言えます。

まずは黒ずみの原因であるメラニンの「抑制」ができること

そして、ターンオーバーの「促進」効果により黒ずんでいる肌が剥がれ、新しい肌を生成できます。

 

スポンサーリンク


 

プラセンタには他にもアトピー改善に効果あり

抗炎症作用
プラセンタには細胞活性化作用や活性酸素除去作用があり、炎症の早期改善ができます。
抗炎症作用は、皮膚炎症を抑える他に、体の内側、特に内臓などで起こった炎症へも作用し、それらを早期改善出来ます。
抗アレルギー作用
アトピーの原因の一つはアレルギーの免疫機能が異常を起こしているものです。
プラセンタには免疫機能の異常に作用する抗アレルギー作用があります。
プラセンタに含まれる抗アレルギー作用には細胞活性化作用、免疫賦活作用などがあり、アレルギー改善できます。
皮膚細胞の新陳代謝促進
皮膚は新陳代謝しターンオーバーを繰り返し健全な肌形成をします。
アトピーはそのターンオーバーがうまくできていないことが多いのですが、プラセンタには新陳代謝を促進しターンオーバーをうまくできるよう作用してくれます。
コラーゲンを生成できる(潤いを増す)
プラセンタに含まれる成長因子が各種細胞を活性化、コラーゲンの生成の手伝いをします。
血行促進効果
プラセンタの効果で細胞を活性化し血行も促進できます。
自律神経が乱れると血行不良の原因になりますが、プラセンタを摂取することで血行促進ができ、自律神経を調整する作用があるといわれます。
活性酸素の除去作用
活性酸素が増えすぎると、体に害があります。
プラセンタには抗酸化作用や細胞の活性化作用が過剰な活性酸素を除去できます。
活性酸素を除去することは体の老化防止にも繋がります。

 

プラセンタサプリを飲んでみた感想

プラセンタと言えば、コラーゲンの生成を助けてくれ、お肌に潤いを生んでくれるということで、女性が美容のために飲んでいるというイメージなんですが、実際に飲んでみてアトピーへの効果を実感できました。

効果は徐々に出ているのでしょうが、黒ずみへの効果が目に見えて感じられるまでには、1ヶ月以上はかかりましたね。

ただ、飲み始めて1週間くらいで腕のぶつぶつが消えてきたので、「あっ効果あるんだな」と思い、継続的に飲み続けることにしました。

66%offでプラセンタを試す方法



デメリットもある

ネットによると「便秘になる」とか「整理が遅れる」などの口コミがありましたが、どうやらプラセンタの副作用は人それぞれのようです。

そして、私の場合は、「朝の気だるさ」でした。

朝の目覚めはいい方なのですが、プラセンタを飲み始めて1週間くらいした頃から、朝起きるのが辛くなってきました。

ちょうど、腕のぶつぶつが消えてきた頃と重なるので、プラセンタの副作用なんじゃないかなと思ってます。

効果があるのはわかっていますが、副作用が怖いので、次の日仕事が早いと飲まないなんて感じうまくコントロールしながら半年ほど飲んでます。

 

スポンサーリンク


 

まとめ

アトピーの色素沈着は体の内と外から改善できます。内側から改善するには有効成分のサプリメントを摂取することをおすすめします。そのサプリメントで一番おすすめなものはプラセンタです。黒ずみの原因であるメラニンの「抑制」ができるのと、ターンオーバーの「促進」効果により黒ずんでいる肌が剥がれ、新しい肌を生成できます。

 

スポンサーリンク