今回は、名古屋駅のコインロッカーの場所と料金といった情報を構内図を使ってご紹介しましょう。

出張や旅行で土地感のない場所で大きな荷物やキャリーバックを引いて歩くのは結構なストレスですよね?

名古屋駅と言えば、出張でも旅行でも多くの人々って訪れる上に、「エスカ」など複雑な地下街を有する巨大駅です。

こんな迷路のような(?)名古屋駅で大荷物を抱えて迷ってしまってはせっかくの旅行や出張が満喫できませんよね。

 

スポンサーリンク


 

名古屋駅構内図

名古屋駅構内・周辺のコインロッカーの場所は主に6つあります。

まず下記構内図をご覧ください。


 

①|JRハイウェイバス乗り場

太閤通口(新幹線口)から出て、地下街エスカから降りるエスカレータ脇にJRハイウェイバス乗り場があります。
そのバス乗り場の中にコインロッカーがあります。



 

②|地下街エスカのエスカレータ横

新幹線改札側の太閤通口を出るとハイウェイバス乗り場横の降りエレベータが地下街のエスカに続いてます。

そのエレベータを降りてすぐ左手にコインロッカーがあります。

大型が約20台、中型が16台、小型が約40台あり、新幹線の時間待ちなどで使用するには便利な場所です。


 

③|JR東海ツアーズ横通路

太閤通り出口と桜通り出口のほぼ中間にJR東海ツアーズの店舗があります。
太閤通り出口を背にしてサクラ通り出口へ向かって歩いた場合、左手です。

そして、店舗脇の通路がありますので、そこから30mほど行くとコインロッカーがあります。




④|高島屋入口前通路

東海トップツアーズを通過し、桜通り出口のほうへ歩くと、金時計広場に出ます。

この広場を左に進むと高島屋通路前にコインロッカーがあります。

 

スポンサーリンク


 

⑤|マリオットアソシア、高島屋の通路横

金時計を右に曲がって進んでいき、マリオットアソシアホテルの入口を通過したところにコインロッカーがあります。



通路裏にもコインロッカーがあります。



マリオットアソシアホテルを通過してすぐのコインロッカーの真向かい、近鉄線へ降りられるエスカレータがあり、その脇にもコインロッカーはあります。



⑥|桜通線入口手前

桜通り出口のロータリ左手に降りエスカレータがあります。

そのエスカレータを降りたところに鉄道警察があり、その脇にコインロッカーがあります。



まとめ

名古屋駅構内には主に6ヶ所のコインロッカーがあります。位置としては、地下街のエスカから近鉄線方面まで、名古屋駅の隅から隅まで設置されているので次のスケジュールに合わせて、その場所を選んであげれば効率的に名古屋旅行を楽しめるでしょう。

 

スポンサーリンク