ファッション

スキニーパンツがきつい!メンズパンツのピチピチを伸ばす方法なんてない?!

更新日:


 

スキニーパンツってフィット感があるのが特徴であり、そのかっこよさの秘密です。

しかし、通販で購入したりすると試着ができない分、そのサイズが合わなかったりして「ピチピチ」になっちゃうなんてのは「通販あるある」ですね。

とはいえ、せっかくスキニーパンツを購入してもサイズが合わずピチピチでは悲しいですね。

今回はサイズが合わずピチピチできついパンツを伸ばす方法を考えたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

洗濯じゃ伸びない!

ネットで調べてみると洗濯をするとパンツが伸びてスキニーパンツが履けるようになりますよなんて情報が出てきますが、それはウソ!

他の服などは洗濯をするとよれたり伸びたりするんですが、それは洗濯ダメージと言って、何回も着て洗濯することで、生地がよれることを言います。

もし、洗濯ダメージでスキニーを伸ばそうと思ったら、何回も何回も洗濯しなくてはいけません。

洗濯ダメージでスキニーパンツを伸ばすことは可能でしょうが、それはスキニーパンツの寿命自体を縮めてしまうでしょう。

 

スポンサーリンク


 

ピチピチのスキニーパンツを履くためには?

洗濯ダメージでパンツをヨレさせて履く方法以外でスキニーパンツを履くにはどうしたらいいでしょうか?

素材を確認しよう

服の素材を確認してみましょう。

服の素材の中には、収縮性の高い素材があります。

収縮性の高いものは主に科学繊維になりますので、ピチピチのスキニーパンツが化学繊維であれば伸ばせるでしょう。
  • ポリウレタン
  • ポリエステル
  • アクリル

痩せなさい!

スキニーパンツを大きくするのではなく、自分の体型を小さくする方法ですね。

スキニーパンツが入らないのであれば、本人の体型が大きい可能性が高いので、ダイエットをするのも一つの手です。

そもそもスキニー体型じゃない

スキニーパンツが入らない理由が、太っているからではない場合は、そもそもの体型が骨太で痩せてもスキニーパンツが入らない可能性もあります。

その場合は諦めるしかありません・・・

ファッションの大切なポイントは、着たい服ではなく似合う服を着ることです。

あと、スキニー以外にスリムフィットというちょっと細身なパンツを展開しているブランドもありますので、そちらに挑戦してみるのもいいでしょう。

 



 

スキニーパンツをかっこよく着こなすには?

スキニーパンツの魅力はその人の体型を細く見えることです。

しかし、ただスキニーを履けば魅力的な体型に見えるということではありません。

その細長いシルエットを最大限生かせるようなコーディネートをしてあげるように心がけましょう。

基本的なスキニーコーデは2つと言われています。

「Iライン」と「Vライン」です。

Iラインコーデ

Iラインコーデとは、トップスもボトムス同様に細身のアイテムを合わせることです。

そのシルエットがアルファベットの「I」のようにスッキリ見えることからそう呼ばれているそうです。

細身のジャケットやシャツ、ショート丈のブルゾンなどで合わせてあげましょう。

あと、素材や色など統一感があるものでコーディネートしてあげることでより効果的にIラインのシルエットを作ってあげることが可能です。

Vラインコーデ

Vラインコーデとは、Iラインとは対照的にトップスにはボリュームのあるアイテムを合わせるコーディネートのことを言います。

目線をトップスに集められるので、体型カバーにスキニーを利用する場合はこちらのコーデの方がおすすめです。

またスキニーを少しロールアップしてあげればよりVラインを強調できますし、力の入りすぎない抜け感がある後なの余裕があるコーデとなり、最近の流行にもマッチします。

スキニーパンツは初めて挑戦する時は、勇気が必要なアイテムですが、慣れてしまえば、とても扱い易いアイテムと言えるでしょう。

とはいえ、自分でコーディネートを考えるのは結構な手間だったりしますよね。

ベストスタイルミーというアプリを使うと、手持ちの服に合いそうなコーディネートをスタイリストが提案してくれます。

アプリ自体は無料なので使ってみると面白いですよ。

 

スキニーパンツの種類

ここで、スキニーパンツの種類を見てみましょう。

黒スキニー

メンズスキニーパンツで一番ポピュラーと言えば、「黒スキニー」でしょう。

ストレッチが効いた素材が多く、スキニー初心者にも扱いやすいアイテムと言えるでしょう。


デニムスキニー

カジュアルスタイルは野暮ったく見えてしまうことがありますが、これをスタイリッシュに格上げしてくれるのが「デニムスキニー」でしょう。

デニムスキニーは、他のデニムと同様にノンウォッシュの濃紺色から薄いブルー色、ダメージ加工が施されたものまで、幅広く用意されていますが、個人的にはスッキリ体型カバーができると言う意味では濃い色のものをおすすめしたいです。

その分、薄い色のスキニーデニムを履きこなしている人を見ると上級者だなぁと感心します。



チノスキニー

チノパンツでは珍しい「チノスキニー」

チノパンの上品さとスタイリッシュさを両立できるアイテムと言えるでしょう。

キレイ目カジュアルのコーディネートの幅を広げるのに重宝しそうです。

また、カラーバリエーションも豊富なので、スキニーと言えば「黒」といったありきたりのコーデが嫌な人にもおすすめです。


スキニーカーゴ

男性に人気なカーゴパンツにもスキニー展開はあります。

カーゴパンツと言えば、男らしい武骨な印象のものが多いですが、黒ジャケットなんかと負わせることでカジュアル感とスタイリッシュ感を両立したスタイルにしてあげることも可能です。

カーキの汎用性は最強なので、コーディネートの幅を広げてくれるでしょう。



 

スポンサーリンク


 

まとめ

結論として、スキニ―を伸ばす方法はありません。洗濯をして伸ばしたり、無理やりひっぱったりなどする方がいるかもしれませんが、繊維を傷つけているだけです。伸ばすよりさきにどうやったら履けるかを考えることをおすすめします。痩せるのか、体系的に無理であればそもそも似あわないので、他の自分にあうコーディネートをしましょう。


-ファッション

Copyright© CrowdCloud , 2018 All Rights Reserved.